SAEC
Productsイメージ
トップ > 製品情報 > 光ファイバー/デジタルケーブル関連 > VOB-102
VOB-102
VOB-102
光デジタル信号のI/O端子のトスリンクモジュールには高度な潜在能力がありながら、現状のCD、LD、DVDなどのAV機器に装備されている光デジタル信号の光出力の大半は、発光ダイオードに流す電流を適度にセーブして電源変動を抑えて、光量が多少控えめになっており、そのためリンクモジュールの能力が発揮されていないのが現状です。
そのために光信号のS/Nは低下し、ジッターが増えて音質劣化を引き起こす原因ともなっています。 VOB-102はこのようなセーブされた光信号を整形して増強し、音質的グレードアップを図る目的で開発しました。 また、光出力を2系統設けて”光デジタル信号分配器”としての機能をも備えており、MDレコーダー、CDレコーダーなど複数の機器とのレコーディングなどにも最適です。
特長
光量可変機能搭載:”出力1”は固定出力で、ボリューム位置に関係なく、つねに最大光量に固定されており、”出力2”は光量調整ボリュームにより、トスリンクの最小光量から最大光量まで、連続的に可変できます。
デジタル分配器:鈍ったりノイズが乗った信号波形を、ローパワー・ショッキーTTL回路で整形処理して、クリーンでシャープなデジタル信号に変換します。
OSコンの採用:トスリンク・レシーバーと、波形整形回路+トスリンク・トランスミッターの電源回路には、等価直列抵抗が極めて低く、高周波特性が大変優れたOSコンを採用して、広帯域にわたる電源の低インピーダンス化を図ってあります。
標準価格(税別)
本体価格\98,000 (税別)
Copyright 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved. 特定商取引に関する法律に基づく表示プライバシーポリシー